So-net無料ブログ作成
検索選択

ジュニア復帰!? [HR/HM]

さて久しぶりにメタルの話を。
当たり前の様にメタルは毎日の様に聴いてるのだけれど、最近は普通にただ聴いていると云うだけで新鮮な衝撃はあまりなくなってしまった。
勿論メタルは大好きなんだけどちょっとマンネリしてきたと云うか、もしかしたら自分の感覚が鈍感になってきたのかなと思い始めてきた。
ただメタル一筋だった前よりもジャズにも手を出したり、同人CDやアイマスなどより手広く(ある意味偏っているけど)聴くようにはなっているんだけどね。

rust in peace.jpg

それで仕事から帰ってメールを見てみたらビックリ!
MEGADETHにデイヴィッド・エレフソン復帰のタイトルがあって驚いた。
あれほど一時解散後険悪になっていたデイヴ・ムステインとデイヴィッド・エレフソンが寄りを戻すとは思いもよらなかったので全く予想してなかった。

うーむ、HR/HM界でもう××と一緒にやることはないとか再結成はありえないなど聞くけど、やはり絶対と云うことはないよね。
ミュージシャンとは云え人間の云うことだし、どんなに仲がこじれても時間が(またはお金が)解決してくれたりもするんだってことで。


そして今年は多くのファンから名盤と呼ばれる「RUST IN PEACE」の20周年記念と云うことでTESTAMENTとEXODUSを引き連れてツアーをする予定らしい。
このラインナップはスラッシュ・メタル好きにはたまらないな!
と云うか私も行きたい!w
しかしデイヴィッドの復帰がこのツアーに合わせてなのか、たまたま前任のベーシスト、ジェイムズ・ロメンゾが脱退したからなのかはよくわからないなあ。

個人的にMEGADETHにハマったのがかなり遅かったので、所謂MEGADETHの全盛期と呼ばれる90年代のマーティ・フリードマンとニック・メンザを含むラインナップにはそれほど思い入れはない。
それでもデビューから一緒にいたデイヴィッドが復活したMEGADETHに呼ばれず、険悪になっていたままだったのは残念に思っていたんだけど、復活後のMEGADETHの作品がどれも良くデイヴ1人でも問題ないやと思うようになっていた。
いや、むしろデイヴ1人の方が誰にも口を挟まれずにいい曲を作れるのかもと改めて思い始めて、この体制のままでいってくれと思っていたんだけど、さて楽曲作りに影響が出るかなあ…。

実際ライブでジェイムス・ロメンゾを見ていいパフォーマンスをする人なんでこのままいてくれたらいいなあ、と思っていたんだけど昔っからのファンならデイヴィッド復帰は大喜びでしょうね。
ビジネスにも聡いデイヴだけど、例え金が絡んでも気に食わない人物とは組まない性格だと思うので、ホントに仲直りしてまた長く一緒に続いてくれればいいかなと願っていますよ。

取り合えず去年出した「ENDGAME」は素晴らしいアルバムで、今でもよく聴いていて去年出たアルバムの中でもベストだと思っているのでもう一つの「M」よりもこれからが楽しみなバンドです。


「RUST IN PEACE」20周年記念と云うことで未だに聴けば拳を握り締めて振り上げたくなるナンバー「Tornado Of Souls」の動画を貼っておきます。


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 4

Chris

私も学生時代メタル好きでした、
メガデスはもともとあまり聴かなかったけど
最近聴かなくなりましたね、細分化されすぎて
よくわからんって感じです。
by Chris (2010-02-15 10:00) 

黄昏

>たつをさん
nice!ありがとうございます。
by 黄昏 (2010-02-16 10:29) 

黄昏

>Chrisさん
nice!&コメントありがとうございます。
メタルは上京してから聴き始めて未だに止めることの出来ない音楽ですね。
確かにどんどんメタルも細分化されましたが聴いてるタイプのバンドは昔から変わらないのであまり気にしてないですね。
そういう意味で私も新しいスタイルのものには付いていけてないかな。
やはりメタルは伝統美ですね!
by 黄昏 (2010-02-16 10:37) 

黄昏

>なかたさん
nice!ありがとうございます。
by 黄昏 (2010-02-16 10:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。