So-net無料ブログ作成
検索選択

HEAVEN & HELL / THE DEVIL YOU KNOW [HR/HM]

h & h

メタル界の重鎮たちが集ったバンド HEAVEN & HELLの新作が出ました。
ぶっちゃけBLACK SABBATHですw
大人の事情です♪
でもそれが良かったりします。

てっきり再結成ツアーで終わるかなと思っていましたが新作まで作ってくれました。
このまま新作のプロモーションツアーまで行なってくれるかな。
元々ロニー以外のSABBATHメンバーはオジーがテレビ番組の出演など忙しくて他にやることがないのかなと思ったり。
どうも海外の方ではオジーを含めたオリジナルSABBATHはもうマンネリしてるみたいのようで面白みが無くなってるのかもね。
もうこのラインナップでは未来がないと云うか新しいものを作り出せない雰囲気があるんじゃないかな 。
日本だったら未だにオリジナルSABBATH(ビル・ワードはもう無理でしょうが)で来日したことがなので需要はありそうですけどね。
それでも自分はあまり興味はそそられないかも知れない。
あまりヴォーカリスト=オジー・オズボーンに魅力を感じてないからかな。
アーティストとしてのオジーには敬意を払ってはいるんですが。

オジー時代のアルバムも持ってはいますがやっぱり80年代以降の様式美チックなBLACK SABBATHが好きです。
正統派だったらちゃんと力強く歌えるヴォーカリストが好きなんですよね。
だもんで再結成ラインナップならロニー・ジェイムス・ディオ含むBLACK SABBATH、つまりHEAVEN & HELLだから好きなんです。
なにせこの名前ならいまいちロニーに合わないオジー時代のナンバーを歌わなくて済むからね。

ロニーは確かにアクが強い人ですがこれだって云うハマる曲を歌わせたら最強です。
「HEAVEN AND HELL」なんかはロニーの代名詞って云っても過言ではない超名曲。
その他にも「DIE YOUNG」「FALLING OFF THE EDGE OF THE WORLD 」からSABBATHの曲以外にも「KILL THE KING」「STARGAZER」「TAROT WOMAN」「GATES OF BABYLON」「LAST IN LINE」などパワフルでドラ マティックな曲にかけては彼の右に出る人はいませんでした。

えー、なんで過去形かと云うと流石にロニーも寄る年波にはかなわなくなってきました。
2007年のヘヴィ・メタルのフェルティバルであるLOUDPARK07を観て衰えは隠せなくなってきたなぁと実感しましたが、それでも60半ばでイヤ、もっと若いシンガーでもこれだけ歌える人はそうはいません。
2006年のLOUDPARK06でもDIOでロニーを観てますがバックの面子の格が違い過ぎると云うか、トニー・アイオミとギーザー・バトラーのいる布陣では音の重みが全く違った。
勿論三つのバンドの美味しい所取りの選曲のDIOも楽しいんですけどね。


それでアルバムの感想ですがアイオミならではのヘヴィでカッコよく、かつイーヴルなリフを期待してました。他のメンバーがいてもトニー・アイオミなしではBLACK SABBATHはありえませんから。
まぁ、それでもそんなに強い期待はしてませんでした。
前のロニー時代のベストアルバムに収録された新曲はそんなにパッとしたものでなかったし、これだけのベテランになると今まで作ってきて多くの人々に愛されてる名曲を越えるのはなかなか至難でもあるから。

このアルバム一曲目の「ATOM AND EVIL」から期待通りトニーのギターに導かれるように禍々しくダークでうねるようにヘヴィな世界が広がっている。
この重苦しさは紛う事なきSABBATHサウンド
ヘヴィ・メタルをヘヴィ・メタル足らしめるリフを書くリフメイカー、しかしギターソロではしっかりと泣かせてくれるトニー・アイオミは健在だ。
但しアルバム『HEAVEN AND HELL』の様な明快な作品ではなく、このアルバムみたいな音を期待していたら間違いなく肩透かしをくらうかな。
ロニーの歌も若い時ほどの艶はないけども頑張っている。
基本はミドルテンポの楽曲が主体でアップテンポのナンバーが少々の構成。
当たり前ですがBLACK SABBATHに速い曲なんてあんまりありません。
期待するなら途中から展開するドラマティックなナンバー、そう③「BIBLE BLACK」の様な曲でしょう。名曲の香りがします。
ヘヴィでかつノリのいいナンバー⑦「EATING THE CANNIBALS」⑨「NEVERWHERE」はこの重いアルバムの中で躍動感を出してる。
とても40年近く続けているバンドの音とは思えないほど迫力が未だにある。

現在まだ聴き込んでる最中だけど名盤ではないかもしれないが、SABBATHファンなら間違いなく楽しめるアルバムだと思う。
リフやメロディにキャッチーさがあれば最高だったしょう。

★「BIBLE BLACK」はMY SPACEで試聴出来ます(曲が流れるので音量注意!)

 


素直にHD25-1Ⅱで聴いて充分カッコいいです。
試しに最近使ってなかったのでPRO25OOも使ってみた。開放型の割に低音の量が多く高音も刺激がありあまり明るくない音調がSABBATHにピッタリじゃないかと思ったのだが、雰囲気が出ていて面白く聴けた。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 3

ひろん

ヘヴィって素敵な響きやね。
by ひろん (2009-05-05 22:23) 

黄昏

>たつをさん
nice!ありがとうございます。
by 黄昏 (2009-05-06 01:59) 

黄昏

>ひろんさん
コメントありがとうございます。
ヘヴィさは大事です。
特にBLACK SABBATHに於いては重要ですね。
そして我が人生に於いても…!
by 黄昏 (2009-05-06 02:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。